森を探索中ある鉱山を発見した米国男性!その鉱山には何の秘密が隠されていました。

出版元 03/02/2021
広告

一生において自分のドリームハウスを建てることは私たちの将来の目標でしょう。この米国男性、クリストファーは自分のドリームハウスを建てることをずっと夢見ていました。彼は何年も家を建てる土地の探索を続けていました、そして壮大な土地を手に入れました。

ドリームハウス

クリストファーは土地探しにかなりのめりこみました。クリストファーが最終的に気に入った場所は誰も住めるような状況ではない広大な森でした。そして何の迷いもなく彼はその森を購入しました。

House of His Dreams

ドリームハウス

徹底的に調査する

クリストファーは購入した森を徹底的に調査することにしました。ここはまだ未開発で誰の手も入っていない森でした。探索しながら彼はドリームハウスのことを想像しました。ある日、そこで彼はある不思議な物を見つけました。その驚きの事実をご紹介します。

Screenshot 17

徹底的に調査する

探検の楽しさ

この森は41エーカーもありました。当然今の状態では誰一人としてこの森に住める状態ではありませんでした。しかし彼は自分の購入した土地がすごく気に入っていました。彼は毎日この森に入り、隅から隅まで探検していました。

Wandering The Woodland

探検の楽しさ

森の美しさ

クリストファーは自分の土地とその周辺をたっぷり時間をかけて調査し続けました。この森は四季がはっきりしていて、たくさんの木が重なって生えていました。その光景はすばらしい絶景でした。春にはたくさんの花が咲き、特に秋には紅葉でこの森はとてもカラフルになり、一層美しい景色になりました。

Screenshot 15

森の美しさ

オートパイロット

クリストファーは自然が大好きでした。特に都心部から離れたここの静かさとたくさんの木、そして鳥の鳴き声が好きでした。年老いて自然がいっぱいの森で家を建て、人里離れた場所での隠居生活が彼の夢でした。彼の心と体はまるでオートパイロットのような状態でした。クリストファーは森に入るたび心がワクワクしました。

Screenshot 14

オートパイロット

これは何だろう?

クリストファーがある日森を探索している途中、思わず足を止めました。彼がとてつもなく興味を持ったのはこの不思議な洞窟でした。まるで木々で隠されていて誰かの秘密基地のように見えました。ぱっと見は、木がたくさんかぶさっている茂みのように見えました。しかしかぶさっている木をのけると、そこには深そうな洞窟があったのです。

Screenshot 16

これは何だろう?

謎の深い穴

クリストファーはこの洞窟に近づいて周りを観察しました。そこにはミステリアスなエネルギーが流れていました。クリストファーは、この不思議な洞窟に興奮して、アドレナリンがたくさん出ました。洞窟の表面はたくさんの木で覆われていたものの、実は3フィートの穴が奥にあることを発見しました。

The Mysterious Structure

謎の深い穴

破棄された場所

クリストファーはこの洞窟の奥には何があるのだろうと考え続けました。そこで思い切ってこの洞窟の穴に入ることにしました。入ると同時にクリストファーの目には泥と葉っぱで覆われていた洞窟の壁が映りました。体が興奮で震えました。さて洞窟の中には何があったのでしょうか?

Screenshot 21

破棄された場所

鉱山の壁

実はこの洞窟には鉱山が眠っていました。この鉱山は分厚い苔で覆われていました。彼は偶然ふと苔をそぎ落としてみると中から金色の岩の表面が見えました。彼はワクワクした気持ちがとまりませんでした。

The Walls

鉱山の壁

大量の鉱山

この鉱山は彼の購入した土地で見つかったので、クリストファーの所有物です。クリストファーが土地を購入したときは、誰も鉱山のことを何も言いませんでした。きっと誰も知らなかったのでしょう。知っていたら既に発掘されていたはずです。鉱山を見つけた時は宝物を見つけたみたいな気分になって、とても興奮しました。クリストファーはまるでインディアナジョーンズにでもなったような気分でした。

Screenshot 1

大量の鉱山

悪い決断

クリストファーは洞窟の中にどんな危険が待っているかなんて考えもしませんでした。彼は完全に無防備に洞窟に入りました。荷物は何も持たずに身軽に懐中電灯だけを手にして、彼は洞窟の中を進みました。ひっそりと暗い中、息を殺して洞窟のもっと奥深くへと進んでいきました。

Screenshot 10

悪い決断

足音のエコー

洞窟の壁は濡れていて滑り危険でした。歩くたびに自分の足音がエコーとなって響いていました。暗くて見えなかったものの、自分の足跡が付いているかどうか気になりました。歩くたびに足元が緩くなっていきました。懐中電灯のスペアの電池を三つ持ってきたので、クリストファーは洞窟を徹底的に探索する予定でした。

Echoing Footsteps

足音のエコー

かすかに光る物

ふと懐中電灯を照らした場所で、彼は何かキラキラ光る物を目にしました。この光っている物が金だったらと思うと心が躍りました。彼はもう夢中になって探索しました。まさしくアドベンチャーの世界でした。

Screenshot 13

かすかに光る物

冷たく寒い沼地

その頃の季節は夏だったので外は暑かったですが、洞窟の中は湿気があって気温がかなり下がっていました。彼は自分の足跡がもっと深くなってきていたのに気が付きました。洞窟の中はだんだん沼のようになっていました。これは赤信号でした。もしかしたら鉱山からガスが漏れているかもしれなかったからです。

Cold And Damp Inside

冷たく寒い沼地

エコー音

クリストファーは身震いして、トンネルの中を徹底的に懐中電灯で照らして観察しました。洞窟の暗闇は果てしなく続いていました。その時初めてクリストファーは自分が洞窟で一人ぼっちで、もしかしたら戻れないかもと思いました。すると突然、洞窟で変なエコー音が聞こえてきました。

Screenshot 20

エコー音

暗闇と寒さ

実はクリストファーは洞窟の大分奥まで進んでいました。奥へ進めば進むほど洞窟の気温は低くなり、彼は暗闇と寒さに襲われていきました。もう音も、足音もありませんでした。彼はもっと不安になり懐中電灯をぎゅっと握って、光を失わないように気を付けました。ここで光を失ったらもう最後です。

No Light, No Warmth

暗闇と寒さ

何かが潜んでいる気配

するとクリストファーはいきなり何かの声を耳にしました。その奇妙な音があまりにも不気味で一瞬で背筋が凍りました。彼の心臓の鼓動が早くなりました。彼は思わず誰だ!と叫びました。しかし自分の声のエコーを聞いただけでそのエコー音はぴたっと止まりました。

Screenshot 12

何かが潜んでいる気配

古い換気システム

クリストファーは完全に沼地に足を突っ込んでいたので動こうとしても素早く動けませんでした。彼の足はもう何十センチも沈み、前に進むのが難しくなっていました。立ちすくんでいると頭上にパイプが朽ちて壊れた黄色い古い換気システムを発見しました。何故こんなところに換気システムがあったのでしょうか?

Old Ventilation System

古い換気システム

奇妙なエネルギー

突然、クリストファーは恐ろしくなり全身に身の毛がよだちました。なぜか変なエネルギーを感じたからです。背筋がゾクゾクして、体の震えが止まりませんでした。それが何のエネルギーだったか分かりませんでしたが、彼のすぐ近くに何かがいて、彼を見つめているように感じました。この真っ暗な洞窟の中で、何かいるように感じました。

Screenshot 4

奇妙なエネルギー

かすかな光

その奇妙なエネルギーを感じた時、クリストファーの体は硬直しては全く身動き取れませんでした。洞窟全体の温度が急に下がり、彼の体はがくがく震えが来ました。どうすることも出来ず周りをひたすら見回していると、約150フィート先にかすかな光が見えました。クリストファーが見たこの光は一体何だったのでしょう?

Screenshot 24

かすかな光

揺れている物体

彼の周りで何かが揺れているような気配がしました。まったく動けないクリストファーに、何かがここから先に進まないように警告しているみたいでした。この小さな光を見た時、クリストファーは大きなショックを受けました。彼の周りにはたくさんの古い鎖が垂れ下がっていて、それらが何となく揺れていたのです。その光景はあまりにも不気味でした。

Swinging

揺れている物体

誰かいるのか?

こんな場所でたくさんの鎖が吊り下げられ揺れている光景はあまりにも不気味でした。しかも一つ二つではなくたくさんありました。クリストファーはもういたたまれなくなって、急遽洞窟から脱出することにしました。何も考えずに全身の力を絞って沼を駆け抜けていきました。彼の心臓は洞窟を抜けるまですごい鼓動を打っていました。

Screenshot 6

誰かいるのか?

脱出

クリストファーは何振り構わず一目散に洞窟から逃げました。洞窟の出口にたどりつくことしか考えていませんでした。やっとの思いで洞窟から出たクリストファーは、即座に車にエンジンをかけ急いで家路につきました。家に着いたとき緊張と恐怖で疲れ果てていました。

The First Call

脱出

不動産との会話

家に到着して少し気を落ち着けたクリストファーは何よりも一番に彼の不動産会社に電話をしました。彼は電話で洞窟で何が起こったかをエージェントに説明しました。その時初めてエージェントは昔その森に集落があって鉱山を発掘していたことをクリストファーに話しました。

Screenshot 25

不動産との会話

台所で

クリストファーは不動産との電話を切ってすぐ自分の体に異変を感じました。心臓が締め付けられ息が出来なくなり動けませんでした。それと同時に突然家の電気が停電しました。クリストファーは今にもパニック状態になりそうでしたが、必死で平静を保とうとしました。

Dropping Temperatures and Flickering Lights

台所で

温度計

彼は暗闇を探りながら電気のブレーカーまでたどり着きました。電気の停電による暗闇は洞窟での暗闇をクリストファーに思い出させました。深呼吸を何度も試みて、少しずつ体に酸素が入ってくるのを感じました。ふと彼は電気を慌ててつけるよりこのまま暗闇でいることの方がいいのかもと思いました。そこで彼は懐中電灯を握り、温度計を照らしました。

Screenshot 11

温度計

広告